65万円の青色申告特別控除を受けるには?

10万円控除と65万円控除の違いは大きい

個人の青色申告特別控除には、10万円と65万円の2種類があります。

所得税は、所得が多くなるにつれて、段階的に税率も上がりますので、一概には言えませんが、仮に税率10%とすると、両者の差は、(65万円-10万円)×10%=5万5000円となります。

5万円以上税金が安くなるとなると、この差は大きい。

但し、65万円控除を受けるためには、その分努力をしなければいけません。

10万円控除との大きな違いは、65万円控除の場合は、複式簿記により記帳を行い、仕訳帳・総勘定元帳を作成しなければいけない点です。

複式簿記による記帳が必要

複式簿記による記帳は、左と右のそれぞれに科目と金額を記載する方法です。

左側を「借方」、右側を「貸方」と呼んでいます。

例えば、100万円の商品を掛売上したような場合は、次のように記帳(仕訳)します。

(借方)         (貸方)
   売掛金 1,000,000     売上 1,000,000

簿記検定というものがありますが、基本的にはこの複式簿記の記帳の仕方を扱っています。

仕訳帳と総勘定元帳の作成も必要

このような仕訳を日々記帳していくのですが、日付順にまとめたものが、「仕訳帳」、勘定科目別にまとめたものが「総勘定元帳」です。

勘定科目別にまとめるというのは、例えば、「売上」だとか「預貯金」という科目ごとにまとめるということです。

1年間の売上がいくらかを確かめようとすると、仕訳帳では、「売上」と記載のある部分を探して、それを集計しなければなりません。

しかし、総勘定元帳があれば、「売上」が集約されていますので、合計額を見れば、1年間の売上を把握することができます。

青色申告の65万円控除を受けるには、この「仕訳帳」と「総勘定元帳」の両方を作成することが必要です。

結構ハードルが高い。

エクセルで記帳をしている方もいると思いますが、それでは「仕訳帳」はできても、「総勘定元帳」はなかなか難しいです。

なので、通常は、会計ソフトを使います。

会計ソフトは、仕訳をすれば、「仕訳帳」と「総勘定元帳」を自動的に作成できる機能が付いています。

シェアが大きいところでいうと、「やよいの青色申告」あたりですが、最近はクラウド会計の「freee」「Money Forward」といったところもあります。

ちなみに、「やよいの青色申告」は、最初にソフトを1万円強で購入し、その後、更新料を年間1万円ほど支払えば、バージョンアップされますので、継続して使用が可能です。

自分で日々の仕訳をすることができる方であれば、会計ソフトを使って、65万円控除をした方が節税できる金額は大きいといえます。

損益計算書と貸借対照表の添付が必要

あと、65万円控除を受けるためには、確定申告書に損益計算書貸借対照表の2つを添付する必要があります。

10万円控除の場合は、貸借対照表の添付は不要ですが、65万円控除の場合は、損益計算書と貸借対照表の2つの添付が必要です。

上記で述べた「仕訳帳」や「総勘定元帳」は確定申告書に添付する必要はありません。

しかし、帳簿は保存義務がありますので、確定申告が終わっても7年間は保存する必要があります。