コラム~過払金について

過払い金とは?

今となっては、TVやラジオで広く知られており、改めて言うまでもないかもしれません。

以前、サラ金業者は、利息制限法に定められた金利の上限よりも高い違法な金利で貸付けを行っていました。

そのため、利息制限法で認められた金額よりも多く金利を取って、取り過ぎていたという状態が多々生じました。

それがいわゆる、過払い金です。

過払い金についての雑感

私が弁護士になった10年ほど前は、サラ金で借金する人が多く、たくさんの債務整理の依頼がありました。

自己破産するしかない人もいましたが、過払い金があって、借金がなくなるだけでなく、多くの金額を取り戻すことができる人もかなりいました。

自分だけでも過払い金の交渉や訴訟を何十件もやりましたが、最近は、過払い金が生じるような債務整理の相談・依頼は全く見かけなくなりました。

ラジオでは今でも過払い金のCMをやっていますが、それを聞くとまだ過払い金の事件はあるのかなと思ってしまいます。

過払い金は、数十万から数百万円まで様々ですが、1回だけ1人で5社か6社の業者に対し合計で2000万円から3000万円の過払い金があったことがありました。

一人でそこまでの金額の過払い金があるというケースはなく、正直びっくりしました。

返済しているときはいつまで経っても借金が減らないということでお悩みだったと思いますが、思いがけない金額が戻ってくることになって、その方も喜んでいました。