借金が増えすぎたら債務整理を検討しましょう

債務整理とは?

色々な事情で順調に返済しきれない借金を抱えてしまって、どうしたらよいか分からなくなってしまった場合の整理・対処を法律家の世界では債務整理と呼んでいます。

債務整理にはいくつかの種類があります。

 

任意整理

弁護士が業者と交渉して、抱えた借金の総額を減らしたり、1回当たりの返済金額を減額してなんとか支払っていく方法です。

自己破産とは異なり、裁判所を利用せずに借金を整理するので、任意整理(にんいせいり)と呼ばれています。

自己破産をしたくない方で、借金の総額がそれほど大きくない方に向いています。

 

自己破産

借金の返済をしなくてもよくする方法です。

本来は返さなければならない借金を返さなくする制度ですので、裁判所に自己破産を申し立てて行います。

自分の収入では返し切れない多額の借金を抱えてしまった方に向いています。

 

民事再生

任意整理と自己破産の中間くらいの位置づけで、民事再生(みんじさいせい)という方法があります。

これは、借金を全額免除するのではなく、一部は残ります。その残った借金を分割で返済することになります。

民事再生も裁判所に申立てをします。

自己破産はしたくないが、借金の金額は大きい方に向いています。

 

まとめ

借金を整理するにも色々な方法があり、どの方法をとったらよいのかはその方の抱えている事情によって異なります。

お一人で抱え込まずに、借金のことで悩んだら、ご相談ください。

 

【債務整理の相談・依頼】

※ お問い合わせをいただきましたら、相談の日程を決めるために当事務所から折り返しご連絡をいたします。折り返しの連絡に数日かかる場合がありますが、予めご了承ください。

  面談を経て、委任契約書を作成して正式なご依頼となります。

 

    前の記事

    遺言を書く~自筆証書遺言