相続人の証明

誰が相続人なのかは、本人やその親族にとっては明らかなのですが、いざ、土地や預金の名義を変更しようとすると、誰が相続人なのかの証明が求められます。

その証明は戸籍謄本によって行います。戸籍謄本は、正確には、全部事項証明書除籍謄本改製原戸籍謄本などいくつか種類があります。

市役所や区役所で入手すればいいのですが、これが結構大変

亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本が必要になりますが、一度に集められないことが多いのです。

例えば、三重県で生まれ育った人が、結婚を機に名古屋市に本籍地を変え、そのまま死亡したとしましょう。この場合、名古屋市に本籍地を変えた後の戸籍謄本は名古屋市内で取得できますが、三重県のときの戸籍謄本は名古屋市では入手できず、本籍地があった三重県内の役所で入手しなければなりません。

そうなった場合、役所が遠いことも多く、郵便でやりとりするしかありません。また、戸籍謄本の発行には手数料がかかりますが、現金を封筒に入れるわけにはいきませんので、その代わりに小為替を入れたりします。

人生でそう何度もあることではないとはいえ、慣れない作業で負担に感じることが多いと思います。当事務所でも、相続でもめているわけではないが、面倒なので、書類を用意して土地や預金の名義を変えて欲しいとのご依頼を受けることがあります。

    相続人の証明” に対して1件のコメントがあります。

    この投稿はコメントできません。

    次の記事

    コラム~相続人の調査から